災害時にわかる家の重要性

バナー

災害時にわかる家の重要性

東日本大震災以降も地震や水害が続く日本列島では、災害時の家の重要性が見直されています。従来は家は間取りや仕上げなどの表面に見える部分が重要視されてきましたが、災害時は家族の命に関わるシェルターとしての意味合いが強く認識されるようになりました。
巨大地震の後では、住宅が住める状態で残っているかどうかは、その後の家族の生活に大きく影響します。



水害では流されてしまう住宅と、水の力に耐えて残る住宅に分かれます。

竜巻などの強風では、屋根が吹き飛んでしまう住宅がある反面、原型のまま残る住宅もあります。
家を建てる場合は見た目よりも災害強いつくりとすることが今後求められてきます。

災害においても簡単に壊れない住宅は、事前の調査と準備によってつくることができます。
住宅では建てる場所を選ぶことがより重要になります。


水害や竜巻にあう地形は、地理的な条件から知ることができます。

地震においても地盤の強い土地を選ぶことは重要で、軟弱な地盤や断層部の地盤に建てた建物は被害に遭う可能性が高いことが知られています。

livedoorニュースに有効な情報の紹介です。

構造上地震に対して丈夫な住宅と、そうでない住宅があります。



建築基準法で定められている基準はあくまでも最低限のものです。

予想できない巨大地震に備えるためには建築基準法の基準以上に構造を丈夫につくる必要があります。
実際に効果的な方法としては、柱や梁を太くすること、2階床の剛性を高めること、基準よりも筋違いを入れた耐震壁を余分に入れることなどが挙げられ、設計時に構造の専門技術者の意見を聞くことも大切です。